キャッシング 〜 ネットで契約できるカードローン

キャッシングは今やネットでスマホやパソコンで申し込んで来店不要になっています。しかも、身分証明書は写真をメール等で送るだけでよく、融資も即日振込で対応してくれます(ローンカードは後日郵送か自動契約機に取りに行く)。だから、申し込んでから最速で1時間程度で振り込まれたなんて人もいます(諸々の確認事項がスムーズに行けば)。

ただ、中には身分証明書はFAXしか受け付けていない場合もあるので急ぐときはスマホで写真を撮って遅れるところに申し込んだ方がいいです(スマホを持っていて、又操作に慣れていないと逆に難しいかもしれませんが)

オススメのキャッシング

ここでは、ネットで申し込めて写真で身分証明書を送れる手続きが簡単なキャッシングサービスをご紹介します。

プロミス
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間最短10秒振込!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間最短10秒振込(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 申込み時間帯によっては難しい場合あり
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 24時間振込可能な金融機関の口座を登録すれば
SMBCモビット
カードレスにしてもスマホでATMが使える!
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドー等)のATMはスマホだけで使える!
  • 金利が低め 3.0~18.0%!限度額高め 最大800万円!
  • 最短即日融資が可能(*1)
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物なしで家族や職場に内緒にできる!(*2)
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
*1 申込の曜日・時間帯によっては翌日以降になる場合あり。
*2 WEB完結申込の利用には三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
アコム
初心者向け!アコムなら恐くない♪
  • とにかくはじめての人に優しい
  • 最短即日融資だから急ぎでも助かる!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスでお得!
  • クレジットカード一体型カードも可能
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 限度額は最高 800万円
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。

SuLaLi

アイフルの女性専用カードローン
  • 女性オペレーターが対応するので気兼ねなく相談できる!
  • 誰にも会わずにネットだけで手続きが完了!
  • 限度額10万円で借り過ぎない安心感
  • お急ぎでも大丈夫!最短即日融資も可能(※1)。
  • おしゃれなカード!2つのデザインから選べます。
※他社の借入がない方が限定です。
※1 契約の時間帯によっては翌営業日になります。

アイフル

1秒診断は匿名診断!借りれるかおおよそ分かる
  • 本審査も最短30分
  • 即日融資で急ぎでもOK(※1)
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • パート・アルバイト・派遣も断りません
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 800万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもある。

こんな時は借りるまでに時間がかかる

ネットで申し込めて最速1時間程度で借りられるキャッシングですが、それはある程度条件が揃っている場合です。次のような場合には時間がかかることがあるので知っておきましょう。

夜遅いとき

キャッシングのネット申込みは夜21時〜22時が終了時間です。ただ、ぎりぎりに申し込んでも受け付けてくれるだけで審査の回答は翌日になってしまします。なので、急いでる時は申込みはできるだけ早くした方がいいですね。

在籍確認が取れないとき

キャッシングの審査では必ず在籍確認があります。在籍確認は勤務先への確認の電話です。在籍確認を恐れる人が多いですが、実際の在籍確認は本人が在籍してるかどうかだけを確認することであって会社にいろいろ本人のことについて聞かれるわけではありません。また、キャッシング会社だと分からないように個人名で電話をかけてくれるので、たとえ会社の同僚や上司が電話に出ても大丈夫です。在籍確認の電話は例えばこんな感じです。

本人が居る場合

キャッシング担当者「△△(個人名)と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」 会社の同僚や上司「はい、○○ですね。少しお待ちください」 申込み者「○○です。お世話になります。」 キャッシング担当者「○○さんですか?」 申込み者「はい」 キャッシング担当者「□□キャッシングです。在籍確認でした。ありがとうございました。」

本人が居ない場合

キャッシング担当者「△△(個人名)と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」 会社の同僚や上司「○○は今おりませんが(お休みをいただいております)」 キャッシング担当者「何時頃お戻りですか?(次の出社はいつですか?)」 会社の同僚や上司「夕方には戻ると思います(明日は出社する予定です)」 キャッシング担当者「分かりました。また改めさせていただきます。失礼いたします。」

本人が居なくてもこれで在籍確認は完了です。話の流れから申込者が(休職等でなく)ちゃんと通勤していることが分かります。外出の多い人でも在籍確認が取れます。

銀行カードローンの在籍確認

銀行カードローンの在籍確認は個人名ではなく、必ず銀行名を名乗るので同僚や上司に突っ込まれたときの言い訳を考えておいた方がいいでしょう。ただ、銀行なのでキャッシングとは限りませんので気づかれることはないと思いますが、「口座を作ったときの書類に不備があった」とか「クレジットカード(キャッシュカードにクレジット機能が付いているものがある)を作ったのでその確認」とか適当にごまかすことができると思います。

所得証明書が必要な場合

消費者金融の場合、貸金業法によって限度額50万円を超えるか他社との借り入れ合計が100万円を超えると身分証明書の他に所得証明書の提出を求められることがあります。所得証明書は会社からもらっている源泉徴収票を提出するのが一番簡単ですが、自営業の人は市役所等で収入証明や納税証明を取ってこないといけないので急ぎのときはその分時間がかかります。また、希望金額が大きくなればなるほど審査にも時間がかかります。必要以上の借り入れはしないようにしましょう。借入限度額は後々増やしてもらう申請はできますので、最初は必要な分だけ借りましょう。

振込時間外の場合

キャッシングはローンカードが届くのを待っていると1週間くらいかかってしまうので、申込み当日は振込で貸し付けをしてくれます。しかし、振込は通常15時を過ぎると翌営業日の着金となってしまうので申込み時間によっては当日すぐにお金を手にすることができません。そんなときはこういう方法があります。

ローンカードを自動契約機に取りに行く

ネットで申し込んだ後にローンカードを自動契約機に取りに行きます。自動契約機は申込み当日でも審査が通っていればローンカードを発行してくれます。ローンカードの発行を郵送か自動契約機にするかは申込みフォームで選択するようになっています。ローンカードを手にすれば後はコンビニATMでも24時間お金を借りられます。

プロミスに申し込む

プロミスは、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間いつでもほぼリアルタイムに振込融資を受けられます。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をもし持っていればプロミスが便利でしょう。ただ、審査時間は夜22時までなので、遅くとも21時頃までには申し込まないと審査が間に合わず翌日回答になってしまうので注意しましょう。

キャッシングの審査のポイント

キャッシングの審査はいくつかの重要なポイントがあります。

安定した収入

まず、安定した収入は大前提です。収入がなければ返済が出来ませんし、しかもその収入はたまに入るようでもいけません。毎月だいたい同じ給与がある人でないと審査に通りません。例えば、営業職で年収も高い人でも審査に通らないこともあります。営業職の中には完全出来高制の給与の人がいます。つまり営業成績が悪い月はほぼお給料が0になるような給与制度です。この場合「安定した」収入とは判断されず審査で落とされることもあります。

勤務年数

安定した収入と関連しますが、今の会社の勤続年数は長い方が有利です。転職が多いとやはり収入は安定しているとはみなされません。とはいっても何年も勤務していないと借りられないというほどでもなく、6ヶ月以上あるいは1年以上の勤務歴を求められる程度です。

でも、リストラ後転職してお金が無いというような状況の人は6ヶ月も1年も待っていられないですよね?だから、将来お金の不安がある人は今はお金を借りる必要は無くても備えとしてカードローンを契約しておくという人もいます。カードローンも契約期間が長くなれば限度額も上げてもらえやすくなるので早めに作っておくのも1つの良い考え方です。

他社借入件数

他社借入件数は重要な審査要素です。他社借り入れ件数が多いと審査にはまず通りません。具体的に何件以上だとダメとかという基準は示されていませんが、アンケートした結果では4件以上あるとほぼ審査に通る人はいません。

他社借入金額

他社借入件数が少なくても他社借入金額が大きい場合も審査に通らないことがあります。特に消費者金融は貸金業法の「総量規制」によって年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけないと決められています。しかもこれは1社だけでなく借り入れをしている全ての金額を合計して1/3を超えてはいけないので既に他社でたくさんお金を借りている人は審査に通りにくくなります。

延滞歴

過去に他社で借金の延滞をしたことがあると審査で落とされる可能性が高いです。延滞といっても1度や2度程度で1ヶ月以内の延滞なら問題ありません。3ヶ月以上も延滞していたり回数が多いとほぼ審査には通りません。貸金業者は個人信用情報機関を通して他社の延滞状況も知ることが出来るので申込みの段階で嘘の告知をしてもバレます。

気をつけなければいけないのが携帯料金の延滞です。携帯やスマホの端末は高額なので分割払いを薦められるおとが多いと思います。金利も付かないので月々の負担が少ない分割にする人も多いと思います。しかし、この分割払いは立派なローンとして扱われ、その情報は個人信用情報機関にも記録されます。携帯料金の支払いをうっかり貯めてしまうと個人信用情報機関に延滞ありと記録されてしまい、他のローン契約に影響します。携帯料金の延滞がきっかけてカードローンだけでなく住宅ローンも組めなかったという人もいますから注意が必要です。

携帯料金をコンビニ払いにしている人はカード払いか口座振替に変更して毎月忘れずに支払われるようにしておきましょう。

キャッシング体験談

02/16 キャッシングを利用する具体的な流れとは
初めてキャッシングを利用される方は、一連の流れがわからないかもしれません。必要な時に借り入れできないのはキャッシングの利点を損なうので、具体的な一連の流れを事前に確認しましょう。 まずはキャッシングに必要なカードを用意します。大抵はクレジットカードにキャッシング機能も付帯しているので、クレジットカードがあれば大丈夫です。次に、キャッシュディスペンサーかATMを見つけましょう。コンビニに設置しているATMでも大丈夫です。キャッシュディスペンサーは聞き慣れない言葉かもしれませんが、これは記帳ができないATMと覚えてお...続きを読む
12/12 カードローンを利用する上で注意したいこと
急にお金が必要な時は、カードローンを利用することで、急場をしのげることもあります。 また生活費が足りない時に、カードローンで何万円か借りて、とても助かったという人もいるでしょう。しかしカードローンを利用したのはいいけれど、逆に失敗してしまったということもあります。 たとえば、カードローンで借りたお金を、目的以外のことで使ってしまい、返済できなくなったというケースです。カードローンはあくまでも借りたお金であるため、返済義務が伴います。 また使えば使うほど、返済額も大きくなるわけですから、何かを買いたいと...続きを読む
11/13 急な出費にも安心の救世主的なキャッシング
貯金がないままで結婚をした為にギリギリの生活をしていますが、子供も生まれ急な出費が多くなりました。 新生活を始める時に必要な冷蔵庫や電子レンジはキャッシングでお金を借りて購入しました。妻には内緒でキャッシングを行いましたが、返済は少ない自分のお金を使ってコツコツと返済しています。 キャッシングをする時には抵抗があり、イメージもあまりよくなかったのですが、実際に利用してみて使いやすいものだと感じました。 妻に内緒でいお金を借りる事が出来たので、誰にも知られることなく利用できる事に魅力を感じました。自分の...続きを読む
05/25 カードローンで突然の出費に対応できた
カードローンを利用するつもりはなかったのですが、銀行で口座を作る際に「カードローンも一緒にどうですか?」とお勧めされ、持っているだけなら特に費用もかからないことから申し込みを行いました。 使い道は特に考えておらず、お守り替わり程度の気持ちでした。 実際、数か月間使う機会は訪れず、カードローンのカードを持っていることすら忘れかけていました。 しかし、利用する機会は突然やってきました。 飼い犬が交通事故にあってしまったのです。 犬に保険はかけていなかったため医療費が多額になると獣医さんから説明...続きを読む
05/04 消費者金融から借りた経験と反省点
キャッシングというものはちょっと怖いイメージがありましたが、実際に切羽詰まっているとやはり借りざるを得ないこともあり、それでどの会社がいいのかなと検索をしてみました。 まあ大体の結果としては大手のキャッシング会社が無難という点は一致しているそうですが、銀行系ローンを先に申し込んでからダメだったら消費者金融というのが一般的みたいですね。 やはり金利面でも低い方が圧倒的に借りやすいのですが、自分は銀行系ローンは申し込んでみたのですが審査に落ちてしまったので、それで消費者金融を利用しました。 実際に派遣社員...続きを読む

消費者金融 保証人 消費者金融に保証人は必要?

ネット完結 キャッシング ネット完結 キャッシング

ネット完結カードローンなら来店不要で手続き簡単! ネット完結は、ネットだけで申込みから契約までできる便利な方法です。身分証明書をわざわざコピーして郵送したりFAXを送ったりする必要はありません。審査も早くて便利ですよ。

このページの先頭へ